とかいなフットボール

速報試合レポート有り!Jリーグ川崎フロンターレとマスコットを中心にしたサッカーブログ

*

広告

[小ネタ]川崎から千葉へレンタル中のGK高木駿、A契約に!C契約3年めの選手は命がけ!

2014/11/21。
川崎フロンターレ所属で、今シーズンはジェフユナイテッド千葉にレンタル中のGK高木駿が、A契約を結んだとニュースがありました。
 
そこで、プロA・B・C契約について調べてみました。
 
私は契約に詳しくないので「〜とか」という表現が多いのですが、ご容赦ください。。
 
広告

千葉GK高木、A契約

http://jefunited.co.jp/news/2014/11/top/14165544001538.html

新着情報 | ジェフユナイテッド市原・千葉 公式ウェブサイト

ジェフユナイテッド千葉所属の高木駿選手が、11月9日に行われましたJリーグディビジョン2第40節vs 松本山雅FCでの試合出場をもって、プロA契約締結条件を満たしたため、契約の変更を行いましたので、お知らせします。

2012~2013年、川崎フロンターレでは出場なし。
2014年にジェフにレンタルしたからこそ、何よりジェフで努力したからこそのA契約でしょう。
最近はスタメンを確保、ジェフサポから来シーズンに向けて完全移籍を望まれている模様。
 
来年どうなるかわかりませんが、高木、おめでとう!

http://ishikawago.com/archives/91

本日の麻生。 | DETERMINATION!

高木は、川崎GK新井に、はなまるうどんをおごるとか。
あ、うん。
美味しいよね、はなまるうどん。

Jリーグにおけるプロ(A契約・B契約・C契約)とアマチュアの違い

以下がJリーグ公式ページ。

http://www.j-league.or.jp/aboutj/player/contract-system.html

Jリーグ – Jリーグについて – 選手の契約・登録・移籍について

詳細は上記を読んでください。
 
以下、要点のみ、ざっくりまとめます。
・サッカー選手にはプロとアマチュアがある。
アマチュア:報酬または利益を目的とすることなくプレーする選手
・プロ:プロA選手(いわゆるA契約)、プロB選手、プロC選手、その他がある。
 
 ※ここでは以後、A契約、B契約、C契約と表記します
 
C契約:A契約条件を満たさない選手。基本報酬は480万円/年以下。
B契約:A契約締結条件を満たしたが、プロA契約を締結しないプロ契約選手。基本報酬は480万円/年以下とプロC選手と同じだが、変動報酬がプロC選手より良い。
A契約:以下の契約締結条件を満たし、クラブとプロA契約を締結した選手。
 ・チームで25名以内(B契約とC契約は無制限)。
 ・規定試合出場またはプロC契約を3年経過。
  (GK高木は規定試合出場条件をクリア。)
 ・基本報酬は480万円/年以上。ただしA契約初締結時は700万円/年以下とする。
 ・変動報酬は制限なし

Jリーガーは入団から3年目までが勝負

新人JリーガーはC契約からスタート。年俸は480万円以下。
年俸の高騰を抑えるとか、スカウト合戦を抑制するとかの理由で、この決まっているとか。
正直、サラリーマン並みの年俸で少ないですね。。
最近、期待の新人が、1年目からたくさんもらえる海外クラブにいっちゃうケースが多いのも、このC契約が影響してる・・とか。
 
これ以上年俸が欲しければ、A契約をクラブと結ぶ必要があります。
2014/11/22時点のWikipediaには、規定試合出場時間が書いてありました。

J1:450分(5試合フル出場相当)
J2:900分(10試合フル出場相当)
J3:未定
JFL:1350分(15試合フル出場相当)

・・J3の条件、決まったのかな?(;・∀・)
 
GK高木の件では、

J2リーグ  8試合出場 0得点
天皇杯   3試合出場  0得点

J2リーグ戦と天皇杯3試合出場合計で900分を超えたので、A契約を結べた模様です。
 
A契約の最大の魅力は、年俸が青天井なこと。
Jリーグだと、大物なら1億円を超えることもありますね。FW大久保クラスですが
 
ビッグクラブが選手を囲い込んで他クラブの戦力を落とす・・とかしないよう、A契約は各クラブ25名までと決まってるとか。
ただ、ACL出場クラブは、A契約選手数を+2した27名までOK。
必要不可欠な命題――ACLを奪還せよ。|コラム|サッカー|スポーツナビ

JリーグはA契約選手の登録数をACL出場チームだけ2枠増やして「27」にもしているが、積極的な補強に踏み切るクラブはそう多くはない。

 
さて。
規定試合出場条件を満たさなくても、C契約の選手は、4年めからA契約を結ばなければならないので、別に急いでA契約にならなくてもよい・・と思えますが。
 
新人Jリーガーは、3年で契約満了となるケースが多いのです。
理由はお金。
A契約になると、当然選手は、年俸480万円以上ほしくなります。少ないからね。
ただ、Jリーグクラブは、どこもお金がありません。
できれば支出を抑えたい。
節約の対象となりやすいのが選手年俸。
真っ先に狙われるのは「年俸が青天井なA契約の選手」「3年たっても規定試合出場に達しない(=ほとんど試合に出ていない、活躍していない、貢献してない)C契約の選手」
 
クラブは家族ではないですから、非情な話ですが、いつまでも結果のでない選手を保有しません。
そのお金を、もっと若くてもっと才能がありそうでC契約480万円以下でOKな選手に割り振ろうとします。
その結果、高卒新人を来季獲得・・の情報がある場合、その数だけ3年目の選手を放出・・ということも( ;´Д`)
 
俗に「クラブは新人を3年は面倒見る」と言われるのはこういった事情から。
C契約である間は新人として面倒みるよ、でもA契約になったら温情無しだよ、ということですね。
だから、1年で契約を切るケースがあると「人でなし!」とか、ちょっとしたニュースになりますね。
というわけで、3年めの新人は、プロサッカー選手としての生き残りをかけて必死になります。
 
無念にも結果を出せなかった3年めのJ1クラブ所属の新人が、4年めにJ2クラブに移籍して、中堅として活躍するケース、最近多いですね。
ある意味、この3年という制限が、Jリーグ各クラブ間の選手の移籍を活発にしています。
 
というわけで。
そろそろ来シーズンの契約更改が気になる時期ですが。
お気に入りの3年めの選手が、A契約になったかどうか、そうでなくても試合に出てクラブに貢献できているか?もチェックすると・・
あらかじめ心の準備ができる・・かもしれません(´;ω;`)


広告


( ・∀・)つ最後にブログ村リンクとSNSボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 にほんブログ村

 - Jリーグ, 小ネタ , , , ,

TOP