とかいなフットボール

速報試合レポート有り!Jリーグ川崎フロンターレとマスコットを中心にしたサッカーブログ

*

広告

(追記有)[速報][2015移籍]川崎F、ジェシ、パウリーニョは今季限り。シーズン中に移籍情報が出る理由は?稲本移籍続報、原田拓引退。杉本へオファー

      2017/04/17 Jリーグ, 移籍 , ,

2014/11/26(水)。
朝起きて、いつものようにネットを見たら。
皆さんうすうす覚悟していた情報、きちゃいました。
 
川崎フロンターレのDFジェシとMFパウリーニョ、今季限り(´;ω;`)
 
移籍情報がシーズン中に漏れる理由、稲本移籍の続報、そして元川崎の原田拓引退についても、書いてみます。
 
広告


 

情報元

全文引用します。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/11/26/kiji/K20141126009351860.html

川崎F ジェシと契約更新せず 故障がち、若手台頭で構想外に ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

川崎Fがブラジル人DFジェシ(34)と来季契約を更新しない方針を固めた。既に本人にも通達しており、近日中に発表される見通しだ。

以前は迷っていると情報がありましたが、こちらに針がふれましたが。。

ジェシは12年にブラジルのコリチーバから加入し、1メートル84の高さを生かして主力センターバックとして活躍。今季も21試合に出場するなど、一時は首位争いを演じたチームに貢献した。クラブ側はプレーはもちろんリーダーシップを含めた人間性も高く評価しているが、故障がちでシーズンを通してフル回転できないことに加え、谷口、実藤ら若手センターバックの台頭もあり、来季構想から外した。

評価しているも、怪我と若手の台頭。。
仕方ないですね。。

また、J2栃木から期限付き移籍中のMFパウリーニョ(25)の退団も決定的。

サラッと爆弾発言(´;ω;`)

2選手に代わる助っ人候補として、ブラジル人の攻撃的MFをリストアップしている。

ま、また攻撃の選手か( ;´Д`)

ジェシ:前半戦の頑張りすぎがアダに

ジェシは男気のある選手。
今シーズン、なんとしても川崎にタイトルを・・と意気込み、前半戦は鬼気迫るプレーを披露。私もジェシは外せないなーと思っていましたが、ACLとリーグの連戦による疲労の蓄積と膝の状態が良くないためか、前半終盤は凡ミスで失点するシーンが。
 
中断期間の5/30に、ブラジルに帰国して膝を手術
全治まで約2〜3ヶ月なので、これはリーグ再開に間に合わないな・・と思ってたら。
再開後の7/15アウェイC大阪戦にもう復帰!Σ(゚∀゚ノ)ノ
 
ただ、やはり無理したのでしょうか。
その後は怪我で欠場が続き、復帰しても試合勘の欠如からか、ナビスコ準決勝2ndホームG大阪戦のように、決定的なミスする場面が目立ちました。
ニュースには出なくても、麻生の練習場にいない場面もあり、よっぽど膝の状態が悪いのかな・・と思ってました。
 
2012年に30歳を超えてから初の海外移籍、奥さんの病気・・そういったハードルを乗り越え、久しぶりに川崎守備陣の核となる活躍をしてくれ、怪我やチームの不振や川崎のザル守備が無ければ、充分ベストイレブンに入れたはずなのに!無念です。。
 
来季は、国内からオファーが殺到する気もしますが、たぶんブラジルに戻る気がします。
いつも笑顔のナイスガイでした。
ありがとうジェシ(´;ω;`)

パウリーニョ:無念、最後までフィットせず

なんだか無念ばかりですが。
パウリーニョも今季限りとなりました。
 
ザル守備の改善の期待を託されたパウリーニョ。
ACL予選第1節 2/26の貴州人和戦から先発出場。
フィジカルで強烈に相手を潰す姿は期待通りでした。
 
しかし、川崎のサッカーが特殊すぎて、攻撃の組み立てに貢献できず。
守備でも何だかポジションが怪しくて、守備的ボランチなのにDFラインを敵に丸裸にしていた場面も多数。
MF大島のボランチ固定が当たってチームの結果が出だすと、ベンチを暖める日々。
 
試合終盤の敵カウンター潰しとして、一人で相手を潰す役割はすごくフィットしてました。
ただ、7/23のアウェイ鳥栖戦では、途中出場の守備固めなのにイエロー二枚で退場する場面も( ;´Д`)
軽率なファウルが多く、同ポジションでパス精度が上の稲本が代わりに起用される場面も多かった気がします。
 
大島がU-21で不在の9/23アウェイ大宮戦や天皇杯では、かなりパス能力が向上していたので、来季が勝負かな・・と思ってましたが。川崎は来年、よほどテコ入れしそうですね。
 
やはり助っ人は即戦力でなければダメなのか?
これは本人の希望なのか?
噂通り、松本山雅に行くのか?
ちょっとわかりませんが・・来年も見たかった。それだけの能力を持った選手なのに・・無念です(´;ω;`)

Jリーグは11/30までに契約更新が必要

大久保稲本と、シーズン終了してないのに、移籍情報が次々と出てきますが。
これはJリーグのルール上、仕方が無い面があります。
 
※リンク先、PDF注意!
プロサッカー選手に関する契約・登録・移籍について
リンク先のフォルダ構成からみるに、これは2008年のもの?
今でも同じルールのはずなので、ここから引用します。

1-8 契約更新
翌年1月31日に満了するプロ契約を締結している選手の契約更新手続きは次のとおりとする。
①クラブから選手への契約更新通知
クラブは選手に対し、契約期間が満了する年の前年の11月30日までに、翌年度以降の契約条件を「契約更新に関する通知書」(書式A)により通知しなければならない。

11月30日までに、選手には、来季の契約更新について、必ず伝えられます。
11月は、選手はいろんなモヤモヤを抱えながらプレーするわけで、試合中のパフォーマンスが上がる・・より、とんでもなく低下するケースが多いのは、契約で悩みがあって試合に集中できないのかも?
 
J1リーグは12月まであるので、なぜシーズン途中にこんなことするの?というと、おそらく。

②クラブと選手の契約交渉
aクラブは上記①の通知後、すみやかに選手との交渉の場を設定し、12月31日までに、翌年度以降の契約条件についての話し合いを終えなければならない。ただし、クラブが契約更新しない旨の通知をした場合は、その限りではない。
s12月31日までに、更新通知に対する選手からの返答がなかった場合、選手は契約更新を承諾したものとみなす。

12月31日までに契約を終えなければいけないからでしょう。
移籍する場合は、法的な手続きの他、選手も準備が必要ですからね。
シーズンを終えてからだと、次の移籍先を探す時間が無くなる可能性がありますしね。
 
日本のJリーガーは、まだまだ代理人がついてない選手が多い。移籍先は自分で探す必要があります。
有名選手は代理人契約しており、専門家の代理人が選手に代わって売り込んだり契約を手伝ったりしてくれます。
代理人がついてない選手は、前所属クラブが移籍先を探してくれることもあるそうですが(試合にほとんど出ていない無名若手選手はこれが命綱!)、基本は自分で活動しなければいけません。
 
Jリーガーも、ある意味サラリーマンなのです。夢ぶち壊しですね( ;´Д`)
 
ともかく。
移籍は格好のマスコミ(当ブログ含む)のネタですし、情報リークで次の就職先探しを有利にする面もあるでしょうから、11月末に移籍情報が漏れるのは仕方ないですね。人間ですからね。
 
まだ11月は5日残っていますから、まだ移籍情報が出るかも。。
先に退団する選手を決めて、A契約25人枠をあけないと、新しい選手を獲得できませんから、先に悲しいニュースが来るのは、仕方ないですね。。

稲本にオファー殺到

これは鮮度の低いニュースですが。
来季契約されない可能性が高い稲本に、複数クラブからオファーが来ている模様。
 
稲本、J1にこだわりなし「必要としてくれるクラブでプレー」 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

今季限りで川崎Fとの契約を満了するため、J2札幌の他にもJ2福岡など、複数クラブから獲得に興味を示されている。

札幌の他、福岡もオファーしてる模様。
 
札幌野々村社長、稲本を直接口説く – J2ニュース : nikkansports.com

23日の最終戦セレモニーで稲本へのオファーをサプライズ公表した野々村社長が、今度は交渉の場で、らつ腕を振るうことになる。

シーズン途中であり、川崎と契約期間が残っているので、川崎側としては迷惑極まりないのですが。
札幌側としては、サポへのサービスだけでなく、来季へ向けてのメディア・スポンサー効果を狙ってたのでしょうね。さすが辣腕家のノノさんです。

札幌は既に、公私ともに親交の深い小野が直接、本人にクラブの環境や状況などを説明。さらに現在は、三上GMが稲本や、その代理人を通じて、条件交渉をすすめている。22日の正式オファーの段階で、稲本サイドの反応は良く、ここから、さらに本腰を入れていく。

小野伸二がいるなら、もう札幌なのでは?( ;´Д`)
そしてもう正式オファー来てるのね。。

大宮などJ1クラブも興味を示しており、条件面だけで競っては、勝ち目はない。

でも大宮なら、首都圏なので奥さんも環境を変えなくて済むし・・、マネー的に他と倍以上出すだろうし。実際、昔カムさんを・・げふげふ。
 
札幌にとって、大宮は強敵ですね。

原田拓の引退

最後は、元川崎の原田拓が今シーズン限りで引退、とのニュースがありました。

http://roasso-k.com/news/news_view.htm?id=1542

原田 拓選手、現役引退のお知らせ|ロアッソ熊本 公式サイト

・2005年〔大分〕 J1リーグ8試合/0得点 カップ戦2試合/0得点
    〔川崎F〕 J1リーグ12試合/0得点 カップ戦0試合/0得点、天皇杯3試合/0得点
・2006年〔川崎F〕 J1リーグ15試合/1得点 カップ戦4試合/0得点、天皇杯1試合/0得点
・2007年〔川崎F〕 J1リーグ7試合/0得点 カップ戦2試合/0得点、天皇杯1試合/0得点
・2008年〔川崎F〕 J1リーグ2試合/0得点 カップ戦0試合/0得点、天皇杯0試合/0得点

川崎には、2度目のJ1挑戦となった2005年、大分から夏にレンタル移籍。
たしかこの時、ケンゴ(それともマルクスだった?)が怪我で、パサーが不足。移籍早々、原田がスタメンに入り、精度の高い左足をみせてくれました(ただ当時の川崎は弱く、勝利になかなか貢献できなかった記憶が。。)。
2006年から川崎に完全移籍。左足のFKも武器でした。
 
ただ、私の評価は。
MF養父 雄仁(現:熊本)やMF木村 祐志(現:大分)と同じく、川崎では「あと少しでブレイクしそうなのに!惜しい!精度の高いパスを出せるイイ物をもっている選手」でした。
足りなかったのは、運動量なのか、フィジカルなのか、才能なのか?
・・惜しい。
 
4バックに移行した川崎では左SBもやりましたが、2008年で退団。
髪を染めていたこともあり、森勇介(現:岐阜)と同じく「見た目はヤンキーだが話すといい人」で、サポに惜しまれながらの退団だったと記憶しています。
 
まだ32歳と聞いて、あと2年は出来るのでは?と思いましたが、今シーズンは11試合しか出れなかったのですね。。
 
お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

※追記:C大阪杉本へオファー

ここまで記事書いて、一息ついてたら。
ブログ書き始めた時点では出てなかった情報が。
川崎FがC大阪FW杉本獲得へ – J1ニュース : nikkansports.com

川崎Fが今季終了までにC大阪FW杉本健勇(22)へ獲得オファーを出すことが25日、分かった。

FC東京の渡邉という噂もありましたが、こっちなのね。

杉本は今季リーグ戦30試合5得点。187センチの長身に加え足元の技術にも優れ、川崎Fのパスサッカーにも対応できる可能性が高い。

昔、小松(現:長崎)という長身&俊足の選手をセレッソから獲得してだな・・。
 
風間さんは、矢島・パトリック・森島と、どうしてもFWに長身が欲しいようですね。しかしなかなか・・。
こうなると、森島はどうなるのか?( ;´Д`)


  
( ・∀・)つ最後にブログ村リンクとSNSボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 にほんブログ村
 

 - Jリーグ, 移籍 , ,

TOP