とかいなフットボール

速報試合レポート有り!Jリーグ川崎フロンターレとマスコットを中心にしたサッカーブログ

*

広告

[2014][天皇杯準決勝][試合レポ(簡易)]山形ー千葉 「誰得な試合も、両GKがビッグセーブ連発の好ゲームに」

      2015/02/18 天皇杯 , ,

2014/11/26(水)19:00キックオフ、天皇杯準決勝
モンテディオ山形 3ー2 ジェフ千葉
簡易試合レポートです。
 
※文中の右、左は、千葉側から見た方向です。
広告


 

公式記録

http://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/2014/2014112602.html

天皇杯 – スコア速報 千葉対山形 : nikkansports.com

総評

・上手さは千葉にあったが、勢いは山形にあった。攻撃時に前線へ数人が全力ダッシュする攻撃は迫力有り。
千葉の高木も、山形の山岸も、ビッグセーブ連発。両チーム、もう2,3点取っててもおかしくなかった。
・両チーム、セットプレーできっちり得点。精度の高いボールが入ってた。
 
・千葉は戸島もオナイウもそこまで悪くなかった。ただ、ドフリーヘッドがGK正面だったりと、決めきれず。ケンペスも森本もいなかったのが響いたか?
・まぁ、一番大事なのはプレーオフで勝つ事なので。決勝もこのカードになる可能性は十分あるけど。
・山形は中3日でのプレーオフ、コンディションは大丈夫だろうか・・。
 
・やっぱり関さんはシルバーコレクターなのだろうか。。

試合前

「J2リーグ最終戦から中2日」「リーグ3位で11/30プレーオフ準決勝がない千葉」「リーグ6位で11/30プレーオフ準決勝がある山形」「平日夜」「雨上がりでピッチコンディションの悪い」「関西の長居スタジアムまで遠征」して「負けてもOKなトーナメント戦」をするという、ツッコミ所満載な試合。
 
・なおトーナメント反対の山では「J1リーグから中3日」「リーグ優勝がかかってるG大阪」「残留争いで気が抜けない清水」「平日夜」「雨が降ってとても寒い」「関東の味の素スタジアムまで遠征」して「負けてもOKなトーナメント戦」をするという、同じような状況になっております。
 
・千葉はメンバーを落とし、山形はフルメンバーで望んだ試合。

前半

・元川崎監督の関さんと石さんが激突する、川崎サポ得なゲーム。
 
・1分、山形、キムがぽっかり空いた右スペースに走り、フリーで右からファーへ高いセンタリング、ヘッドで落とすも叩きつけすぎて千葉DFの足に当たるも、これが雨で滑ったのかボールが後方にこぼれ、裏に抜け出そうとしていた山崎が反応して先制!
 山形1-0千葉

キムボムヨンとアナウンサーが発音するの、やや戸惑ってる。
・解説が眠そうな声なので、清水秀彦とおもったら木村和司だった。
 
・23分、千葉、右CKをファーへ、竹内がゴール方向にヘッドすると、選手がもみあってブラインドになったGK山岸の反応遅れ、同点!
 山形1-1千葉

・千葉のGK高木、山形のGK山岸がどちらのナイスセーブ連発で、追加点を許さない。
・32分、山形、左CKでニアにマークを外して走り込んだキムボムヨンがヘッドで勝ち越し!
 山形2-1千葉
・千葉より山形の前への勢いがまさった前半かな。
 
広告

後半

・序盤から千葉ペース。
・しかしGK山岸が戸島のどフリーヘッド、井出のペナ内からこぼれ球をシュートフェイントでDFを交わしたどフリーシュートも止める、ビッグセーブの連発!
 
・9分、千葉、山形のバックパスミスを、左でオナイウがひきつけてパス、谷澤がうまいトラップでコース作ってシュート、同点!
 山形2-2千葉

・26分、山形、数的優位の状態で中央をドリブルで進み、中央にDFを引きつけて左へスルーパス、サイドを上がってきた山田がフリーで決めて勝ち越し!
 山形3-2千葉
 
・その後、千葉はオナイウが競り勝ってヘッドも枠の上など、一点が遠く、時間が過ぎる。
・ロスタイム、中村がコースを狙うもゴールの上。
 
・タイムアップ。山形3-2千葉。
 


( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
 

 - 天皇杯 , ,

TOP