とかいなフットボール

速報試合レポート有り!Jリーグ川崎フロンターレとマスコットを中心にしたサッカーブログ

*

広告

[2015][J1 1st 第1節][試合前1]横浜FMー川崎「開幕間に合わないけどアデミウソンまとめ。CFG効果はJを変えるか?」

Jリーグ開幕まであと2日!
 
2015/3/7(土)15:00キックオフ、2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第1節 横浜・Fマリノス ー 川崎フロンターレ 戦試合前記事その1です。


今回はマリノスの新加入外国人、アデミウソンについて、あちこちの情報をまとめました。
 
広告


 

アデミウソン加入ニュース

精度の高い情報でおなじみの地元紙、カナロコから引用します。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00128698-kana-socc

FWアデミウソン獲得 ブラジル世代別代表 (カナロコ by 神奈川新聞) – Yahoo!ニュース

J1横浜Mは28日、ブラジルの名門サンパウロに所属し、各年代のブラジル代表歴があるFWアデミウソン(21)=176センチ、74キロ=の獲得が内定したと発表した。期限付き移籍で、期間は2016年1月1日まで。

1年のレンタル。
 
3/4には、
横浜FM加入アデミウソンの背番号は39に決定「ビッグクラブと契約ができて幸せ」 | ゲキサカ[講談社]
背番号が決定!
あとは来日して入団会見を待つのみ!

逸材

ワールドクラスの選手である模様。
 
最初のカナロコから引用。
FWアデミウソン獲得 ブラジル世代別代表 (カナロコ by 神奈川新聞) – Yahoo!ニュース

アデミウソンは欧州のクラブも注目するサッカー王国の逸材で、16年リオデジャネイロ五輪に臨むU-21(21歳以下)の代表チームで背番号10を担っている。華麗なテクニックと抜群のスピードを持ち、前線のポジションはどこでもこなすアタッカーという。

こちらによると、ブラジルU-17、U-20、U-21代表歴あり。
川崎の大島僚太がリオで対戦する相手になるかも。。
 
【横浜】逸材FWアデミウソン獲得を成功させた”シティ”の力 (SOCCER DIGEST Web) – Yahoo!ニュース
上記からプレースタイルについて抜き出すと、

裏への鋭い抜け出しや、長短の正確なシュートなど若き日のロマーリオに似たプレースタイルから、“ノヴォ・ロマーリオ(新しいロマーリオ)”と称された逸材

比較対象がビッグ!
決して過大評価ではない模様。

肝心のプレースタイルは、抜群のスピードと当たり負けしないフィジカルを活かした突破力、ミドルレンジからも鋭く射抜くシュート力が持ち味だ。周囲から活かされるタイプのフィニッシャーなだけに、比較的Jリーグへのフィットは速いだろう。「世代別代表の背番号10」という見出しがスポーツ紙によってひとり歩きしているが、プレースタイルは完全にFW。1.5列目でのプレーも可能だ。

176cm/76kgと大柄ではないので、マリノスが必要とする1トップが出来るのかな?と思ってましたが、大丈夫な模様。
 
一方、欠点も指摘されています。

課題は若さゆえのムラっ気だ。ひとたび決定機を外すと空回りする悪癖があり、

ブラジル人らしいですね。


エルゴラッソ 2015/3/4(水)1565号にも「イージーなシュートを外す悪癖」「ややメンタル面でムラがある」と似た情報がありました。
 
かつてのフッキみたいに「Jリーグムリ」と日本の主審にキレないだろうか・・?

新潟コルテースと移籍理由が似ている?

世界が注目する逸材が、なぜ日本に?
と思ったのですが、やはり理由があるようで、

ひとたび決定機を外すと空回りする悪癖があり、サンパウロでは3シーズンで公式戦114試合に出場し15得点。今季も1月に行なわれた開幕前の親善試合には出場しているが、1月末におたふく風邪に感染するなど、コンディション調整に失敗した。

前述の悪癖の話に加え、

もっとも、前線に新旧のブラジル代表クラスが揃うサンパウロでは12年のトップチーム昇格後、一年を通じてフルにレギュラーとして稼働できずにいた。

サンパウロの今季の前線にはアレシャンドレ・パト、ルイス・ファビアーノ、アラン・カルデッキの、ミシェウ・バストス、2月に獲得したアルゼンチン代表のセントゥリオンがいて出場機会が得られない、との記載が続き、

2月27日の会見でムリシー・ラマーリョ監督は「アデミウソンは出番を確保できない状態が続いていた。試合に出続けて成長するという意味では、彼にとってレンタル移籍は良い機会」と説明。サンパウロ側も、初の国外クラブでのプレーは、アデミウソンが課題を克服するために恰好の場だと考えていたようだ。

一度環境を変えて様子を見たい、監督の思惑もあったようです。
 
これを見て、思い出したのが、2015開幕前に対戦した新潟のコルテース
27歳と若く、ブラジル代表も経験しているのに、

「2013年以降めっきりパフォーマンスが降下してしまったのである。」

パフォーマンスが落ちていること、そして出場機会を失っている事が、日本に来た要員だったとか。
 
日本の立場はともかくとして。
コルテースやアデミウソンが日本で成功すれば、今後大物ブラジル人が来日する流れもでき、結果としてJリーグのレベルアップと話題性アップにつながるかもしれません。
大物助っ人が来なくなったと指摘される昨今の停滞したJリーグに、よいカンフル剤となればいいですね。

加入はCFG効果

さて。
アデミウソン自体の移籍の他に、もう1つ着目すべき点があります。
 
マリノスとCFGとのパートナーシップ締結が、ついに選手移籍にも影響してきたことです。
 
再びカナロコから引用。
FWアデミウソン獲得 ブラジル世代別代表 (カナロコ by 神奈川新聞) – Yahoo!ニュース

◆世界規模の情報網生かす
 欧州クラブも一目置くブラジルの若きストライカー、アデミウソンを獲得できた背景には、横浜Mの株主で、イングランドの強豪マンチェスター・シティーを傘下に置くシティー・フットボール・グループ(CFG)とのパイプがある。新指揮官の選考に続いて、提携先のCFGのネットワークを生かした横浜Mの嘉悦社長は「大きなメリット」と明かす。

2014/5/20にCFGと提携したマリノス。
 
2015年から指揮を執るモンバエルツ監督就任に続き、CFGを活用した今回のアデミウソン移籍。
 
単にCFGコネクションが使える他にも、利点があるようで。

MF中村、FW伊藤、FWラフィーニャらけが人が相次いだが、同社長によると、CFGにはほぼ毎週、故障者や試合のパフォーマンスなどの情報を報告。クラブはCFGの獲得候補者リストの提供を受け、代理人と交渉を開始したという。

 「シーズン開幕前、あるいはシーズン途中で予期せぬことが起きた場合は、必要なアクションをすぐに打つという体制がCFGにはある」と同社長。続けて「Jリーグの一チームでなく、CFGの一員としてのマリノスが交渉している。それが付加価値だと思う」とも語った。

グループ全体での情報共有ができており、選手移籍へのアクションがすぐできるようです。
 
以下に、もう少し詳しい経緯が載っていました。
順番を一部入れ替えて引用します。
【横浜】逸材FWアデミウソン獲得を成功させた”シティ”の力 (SOCCER DIGEST Web) – Yahoo!ニュース

横浜が残る1枠の外国籍選手の獲得に動き始めたのは2月上旬のこと。宮崎キャンプ中、1トップ候補の矢島卓郎、ラフィーニャ、伊藤翔、端戸仁の4選手が次々と離脱する非常事態に見舞われた。

矢島・・( ;´Д`)
ともかく、2月上旬に非常事態が発生した後、

そこで重要な働きをしたのが、資本提携するシティ・フットボール・グループ(以下、CFG)である。プレミアリーグのマンチェスター・シティも属する世界的なグループのスカウト網を活用し、リストアップされた選手、それがアデミウソンだった。横浜が自発的に獲得に乗り出したわけではなく、CFGと情報共有するなかで名前が挙がったという。

わざわざ探さなくてもリストアップされていた!
 
そして移籍確定報道がでたのが2/28。
その間、1ヶ月を切っている!速い!
通常は、代理人の売り込み、クラブスカウトの視察によってリストアップが始まるはずですが、そこに費やす時間が短縮され、早期移籍が実現したのかな?

今回の一件はCFGとの資本提携によるメリットを直接的に体感できた最初のケースと言える。今後はこういったプロセスでの選手獲得が増えていくかもしれない。閉塞感漂うJリーグの移籍市場に一石を投じるとともに、Jリーグ草創期のような超一流の助っ人獲得も視野に入ってくる。

かつて、Jリーグに来たブラジル人がことごとく中東に羽ばたいていく「日本経由中東行き」という現象が(主にG大阪で)ありましたが、

ブラジル国内の報道では完全移籍の買い取りオプションとして750万ユーロ(約10億円)が設定されているという。横浜がこのオプションを行使できる可能性は限りなくゼロに近い。考えられるとすればJリーグで結果を残し、マンチェスター・Cへと羽ばたいていく可能性だろう。

このレンタルが成功すれば「マリノス経由シティ行き」という現象が起きるかもしれませんね。
さすがに10億出せるクラブは、日本には無いでしょうし・・。
 
なお、2015/3/4に、
J初!外資が横浜M買収へ (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

横浜Mのオーナーが、Jクラブ初の外国資本企業となる可能性が浮上した。横浜Mの株主で、マンチェスターCなどを傘下に治める英国のシティー・フットボールグループ(CFG)が3日、日本法人「シティー・フットボール・ジャパン」(CFJ)を設立。Jリーグは外国資本企業でも国内法人を有する場合は過半数の株式取得を認めており、横浜Mの買収も可能になる。

CFJがマリノスを買収?という報道が出ました。

CFGは保有チームに積極的に資金を投入しており、横浜Mの株式をさらに獲得して現在のJ1クラブの平均予算である30億円の数倍規模のビッグクラブにする可能性がある。そうすれば海外の大物選手の獲得が現実的になる。一方で、チームへの介入が過ぎるとサポーターの反発を買う恐れもある。いずれにせよJリーグに桁外れな資金力を持つ超リッチクラブが誕生するかもしれない。

マリノスは、日本トップクラスのビッグクラブになるのか?
今後、目が離せませんね。
それだけの資金力でこられたら、他チームはたまったものじゃありませんが。。

開幕戦には間に合わず

川崎サポにとって朗報なのは、最初のカナロコによると、
FWアデミウソン獲得 ブラジル世代別代表 (カナロコ by 神奈川新聞) – Yahoo!ニュース

来週中にも来日し、その後に正式契約する。Jリーグデビューは3月14日の第2節、アウェーでのFC東京戦となる見通し。

契約が遅れ、開幕戦に間に合わない模様!
 
3月2日(月)の記事によると、
横浜FM新加入のアデミウソン、マンC戦を現地観戦していたことが判明 (フットボールチャンネル) – Yahoo!ニュース

横浜FMと提携しているシティ・フットボール・グループに関する用事があってイングランドへ滞在していると見られるが、来日はいつになるのだろうか。

来日未定の模様( ;´Д`)
 
この記事書いてる3/5朝の時点では、背番号は決定しているも、来日情報は無し。
 
開幕戦はともかく、こんな状態で第2節から出場できるのか?( ;´Д`)
一抹の不安がよぎります・・。


広告


この試合の関連記事

[2015][J1 1st 第1節][試合前2]横浜FMー川崎「負傷者続出、マリノス1トップは誰?川崎のCBは武岡?二列目に車屋??」
 
[2015][J1 1st 第1節][試合レポ]横浜FMー川崎「今季初ゴールはエウシーニョ!堅守マリノスを何度も崩した川崎!」
 
[2015][J1 1st 第1節][試合後]横浜FMー川崎「憲剛ツイート速っ!「あえて遠回りツアー」まとめ」
 
[2015][J1 1st 第1節][試合後2]横浜FMー川崎「川崎失点シーン、車屋は小林祐三に気付かなかったわけではない」
 
[2015][J1 1st 第1節][試合後3]横浜FMー川崎「川崎スタベン。2nd GK争い、まずは新井が勝利。三好ベンチ入りに夢膨らむ!」
 


 
( ・∀・)つ最後にブログ村リンクとSNSボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 にほんブログ村
 

 - Jリーグ , , ,

TOP