とかいなフットボール

速報試合レポート有り!Jリーグ川崎フロンターレとマスコットを中心にしたサッカーブログ

*

広告

[2015][J1 1st 第12節][試合レポ]G大阪ー川崎「奇跡的勝ち点1!完璧なガンバの計画を狂わせた、新井の奮闘と杉本の高さ。」

2015/5/16(土)18:30キックオフ、
2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第12節 ガンバ大阪 1ー1 川崎フロンターレ
試合レポートです。
 
文中のクラブ名に色(川崎ガンバ)をつけます。
※文中の右、左は、川崎側から見た方向です。
1:00〜1:59の出来事は、切り上げて2分と記載します。ご了承ください。
 
広告


 

公式記録

ゲーム記録・速報 – 2015/J1リーグ 第12節 vs.ガンバ大阪 : KAWASAKI FRONTALE

試合の感想

川崎は勝ち点1取れただけで奇跡です。

前半は完全にガンバのゲーム。
というか、いつものアウェイガンバ戦と同じ。
セットプレー、カウンター、パトリック&宇佐美にボコボコにされる川崎守備陣。
攻撃時はガンバの8人ブロックを攻略できず。守備力の差は歴然。
先制シーンも、三人がしっかり次のプレーを意識した、練習通りの形。
 
後半もガンバの計画通りの試合展開。
連戦の疲労と暑さで、ガンバは後半頭からDFラインを下げてカウンターへ。
そのおかげで川崎がようやくペナ付近まで侵入できた反面、カウンターで宇佐美とパトリックが飛んでくる、全力ダッシュで戻る川崎守備陣のスタミナが削られる地獄。
もうガンバが試合前に描いたプラン通り。 
川崎とのチーム総合力の差は圧倒的。
 
いつ止めをさされてもおかしくなかった川崎
最終的に勝ち点1を拾えたのは、
ガンバが疲れてた(宇佐美とパトリックが最後まで持たなかった)、
引いた分川崎が攻撃できて停滞感がなくなった、
DFが不格好ながら最後までくらいついた、
それに
GK新井が最後まで奮闘&冷静なプレーをして1失点で抑えてくれた、
代表候補合宿で触発されたFW杉本が高さと強さを見せてくれたこと。
 
昨年もガンバ相手に長身FW森島が効いたし、もうガンバとはレベルが違いすぎる地上戦はやめて、杉本の空中戦でやるしかないよ。

追記)岩下のプレーはイエローが妥当な模様

当初。
私は前述の「試合の感想」に、以下のように書いていました。

岩下は退場が妥当。前半の線審とともに審判は川崎に微笑まず。

そしたら、5/16中に、ルールに照らし合わせた冷静な記事が出ていましたので、引用します。
  
問題のシーンは、前述の「試合の感想」に載せた、ハイライト動画の2:54くらいから。
岩下大久保
ここが大久保が倒されたシーンのスクリーンショット。カードは妥当。
あとは、カードがイエローかレッドか?という話。
 
ガンバ大阪の岩下敬輔が大久保嘉人を背後から掴む 判定に物議 – ライブドアニュース

日本サッカー協会による競技規則には一発退場となる状況が7項目、定められている。
 (1)著しく不正なファウルプレー
 (2)乱暴な行為
 (3)相手競技者またはその他の者につばを吐く
 (4)意図的にボールを手または腕で扱い、相手チームの得点または決定的な得点の機会を阻止する
 (5)FKまたはPKとなる反則で、ゴールに向かっている相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する
 (6)攻撃的な、侮蔑的な、または下品な発言や身振りをする
 (7)同じ試合の中で二つ目の警告を受ける

 今回の岩下のファウルは(5)の「決定的な得点機阻止」にあたるかどうか、で判定が分かれたと考えられる。

岩下大久保
川崎サポ的には「一番手前をレナトが全速力で上がってきていたので、大久保&レナト vs 先に戻っていた藤春2vs1 になり、「決定的な得点の機会」だった!!
だからレッドが妥当!」という心情であり、主張となります。
 
しかし。
「決定的な得点の機会」のルールも決まっているようです。

 得点、または決定的な得点の機会の阻止の基準は「競技規則の解釈と審判員のためのガイドライン」に以下の5項目の状況を考慮しなければならないとある。
 (a)反則とゴールの距離
 (b)ボールをキープできる、またはコントロールできる可能性
 (c)プレーの方向
 (d)守備側競技者の位置と数
 (e)相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する反則が直接フリーキックまたは間接フリーキックとなるものであること

 今回のケースを考えると、(a)が考慮されたと見られる。ファウルの地点はゴールまで約30メートルの距離があった。

岩下大久保
その通り。ゴールから遠すぎる!ペナルティエリアのはるか外!
これは反論できず。
 
続けて。

また、ほかのG大阪の選手がカバーできる余地があったと判断された可能性もある。

これは「(d)守備側競技者の位置と数」の話のようです。
大久保の後方にいた今野は、大久保が止められなければ間に合わない可能性が高かったので、該当せず。
該当するのは、ゴール手前に戻っていた、4番藤春
藤春の隠れたファインプレー、でしょうね。
 
つまり「今村主審はルール通りの妥当なジャッジをした」ということになります。
 
ちくしょう。
 
あとは感情論になりますので、この話はここまで。
 
試合直後ということもあり、興奮してすいませんでした。
ルール、勉強します。
そして、今日のプレー、感情的には忘れません。

試合前

今回もスカパー観戦です。


大島、前節名古屋戦の負傷の影響で欠場( ;´Д`)大島の代役は谷口をボランチコンバート。CBは井川と角田。メンツ的には中央をCBタイプ三人で固めたので、守備が安定するはずだが・・。
西部、小宮山、登里、小林悠らもいないし、憲剛も強行出場の模様。
リーグ未勝利万博で勝てるか?


米倉戻ってきた?
パトリックと宇佐美・・先発か・・(ベンチスタート期待してたのに・・


今回は今村主審。いい記憶?無いよ!
 
天候晴れ、五月なのに夏並みの気温と湿度。朝に雨が降ってピッチが濡れてる模様。

前半

スカパー実況、風間ひろや監督と発言、すぐに訂正( ;´Д`)
川崎Fマリノスよりましか・・。
 
パトちゃん、川崎陣営に挨拶したとか。いい人だ。
 
キックオフ。
いきなりガンバ川崎パスカット、パトリックに出されるもプロ三試合目のGK新井がよい飛び出し。
 
2分、ガンバ、宇佐美が右からファーを狙ったループも、軸足滑って外れた。ファーストシュート。

実況
川崎憲剛

混ざってるよ・・しっかり!
 
憲剛がかなり前目。足の状態があるからか、後ろは谷口と森谷に任せる模様。
 
5分、ガンバ、右サイドで3人の連携であっさりオフサイドギリギリ突破、クロスはブロックしてコーナー。
そのコーナー、ショートコーナーもしっかり跳ね返す。船山、自陣でドリブルしてあっさり宇佐美に取られる( ;´Д`)自陣では安全に・・。
 
6分、ガンバ、左から裏へのグラウンダー、パトリック飛び出すも新井と井川が対処。相変わらずこのアーリークロスに弱い川崎。
 
ガンバ藤春、コーナー付近で川崎CKの判定に「わかってへんやん!」の声がマイクに。
 
7分、川崎、右CKも東口パンチ。
 
ガンバ優勢の序盤。ポゼッションスタイル以降から間もない川崎熟練のガンバにはかなわない。
 
10分、ガンバ、パスカットから宇佐美持ち込んで足の振りの小さなシュート、新井の正面。
 
11分、ガンバカウンター、今野からパトリックへ一発、新井がペナ外に出て対処。いい飛び出し。
 
11分、ガンバ、宇佐美がペナ外左からカットイン、左足シュート、危険だったが新井は見切って外れた。
 
13分、川崎、エウシーニョが早いタイミングで速い縦パス、レナトがトラップして反転シュートもブロック。
すぐさまガンバカウンター、ゴール前まで持ち込んでパトリックシュートもGKキャッチ。
 
15分、川崎、ゴール前で停滞、右に走り込んだエウシーニョへ大久保スルーパス、クロスは跳ね返される。
 
16分、川崎、ペナ外で森谷ワンフェイントからミドルもブロック。
ペナ内に8人でブロック作るガンバ、ペナ内に侵入できない川崎
 
17分、川崎、右からエウシーニョ低いクロス、こぼれて大久保走るも東口反応、弱いシュートは東口正面。
 
憲剛、ボランチの位置まで下がる。川崎はゴール前までビルドアップできるように。
 
19分、川崎、レナト強引にシュート、リクレクトは東口キャッチ。
 
19分、ガンバエウシーニョが前でインターセプト図るも失敗、藤春フリーで突破してペナ内へ、クロスはなんとかコーナーへ。
この守備力の無さがガンバ川崎の大きすぎる違い。
 
ガンバショートコーナー、クロスは新井が前に出て、パンチが空振りもガンバも触れず助かった。
 
21分、ガンバコーナー、こぼれに岩下?がシュートもGK正面で命拾い。
 
この時点でパスの数が川崎ガンバの3倍に。解説の水沼さんが驚いたが、ゴール決まらなきゃ意味ないのよ。
 
23分、ガンバ、右サイドを突破して米倉クロスも井川クリア。
 
24分、ガンバ、憲剛の守備を股抜きパスであっさり交わし、宇佐美がシュート、エウシーニョブロック、リフレクトを逆サイド狙ったループ、外れて助かった。最初に外の選手がフリーだったので、出されたら失点してた。。
 
井川、ペナ付近でキープする宇佐美をたまらず倒す。我慢してくれそこ。。
 
26分、ガンバFK、遠藤が右を狙う、新井間に合わずにしゃがみ込む。ゴールを守ったのはクロスバー!うわーー。。
 
川崎の時間は過ぎ、ガンバが再び押し込む時間帯に。
 
相変わらず守備の我慢する時間帯で弱い川崎ガンバにいいようにパスを回され、クロスまでいく。
 
28分、ガンバCK、中央でなんとか跳ね返す。
そのこぼれをレナト拾ってカウンターも、2人に潰される。
ピッチ解説によると、レナト、太ももを抑えてた?・・え?プレーは再開してる。
 
画面みたら、競り合いに巻き込まれて主審が倒されてた。
そんな中、ガンバ、阿部が胸トラップからシュートも外れた。
 
川崎、ベンチから指示が出て3バックになった模様?谷口が最終ラインへ?
 
ペナ内に侵入できない川崎、侵入できるガンバ川崎はペナ外の5m手前までしかボールキープできない。
 
34分、ガンバ、パトリックへパス、時間作ってマイナス、シュートはブロック。
 
車屋の息が上がってるらしい。押し込まれてる・・。
 
この段階でも、川崎のパス数はガンバの3倍。
 
35分、川崎、裏を大久保がつき、森谷が浮き玉、オフサイドの判定も、リプレイはオフサイドなし!くおらあああああ線審!!!ゴール前でどフリーだったのに!!!!!
解説の水沼さん「今のはオフサイドなかったですね」とさらり。
 
浮き玉でガンバのプレスを交わした川崎、レナトのドリブルが大きくなり丹羽パスカット、レナトと衝突。怪我なし。
 
39分、ガンバ、川崎の最終ラインからのパス回しにプレッシャーかけてパスカット、ショートカウンター、宇佐美折り返しにスルーしてシュートもブロック、こぼれをクロスも新井がパトリックに競り勝ち、なんとか防ぐ。
 
40分、ガンバ、またも中盤でパスカット、宇佐美が無回転ミドル、新井がかろうじてコーナーへ逃れる!新井の奮闘が続く。
 
40分、ガンバ左CK、新井がパンチ、こぼれをループされるもDFブロックしてコーナーへ。
 
41分、ガンバ右CK、宇佐美が直接狙うも新井弾く!こぼれもしっかりキャッチ。新井はとてもよい働き!
 
川崎、エウシーニョにイエロー。カウンターを止めた?アドバンテージみてたら増え。そんなに悪質ではなかったような。
 
43分、ガンバ、パトリックへクロス、DF跳ね返すもこぼれを予測されててシュート、DFブロックもこぼれた位置に最悪の宇佐美、全力で走り込んでGKと1vs1、楽々決めた_(┐「ε:)_
ガンバ1-0川崎
ガンバ、これは完全に練習してた形。あと2分でハーフタイムだったのに。
 
アディ1分。
 
46分、ガンバ川崎自陣で森谷からボールを奪い、シュートもブロック。
 
47分、ガンバ川崎が自陣で森谷がもたつく間に挟まれてロスト、宇佐美がペナ外からミドル、新井がしっかりキャッチ。
 
ここで笛。
ガンバ1-0川崎
いつもの川崎の万博の試合、フルボッコです。ありがとうございます。
やっひー無策。
 
広告

後半

川崎ボール支配率63%、しかしシュート3本で0点。
ガンバは支配率37%、シュートは15本で先制。
スタイルくっきりはっきり。結果もはっきり。
 
川崎、船山→杉本。中盤の小回りを捨て、高さを入れた。もうこれしかない。
 
46分、ガンバ、ロングボールをパトリックキープ、反転してシュート、新井は見切る。
 
ガンバ、しっかり引いた守備に。川崎はアタッキングサード付近をパス回すだけ。やがてガンバに前後を挟まれてエウシーニョがボールロスト。守備力が違いすぎる。
 
50分、ガンバカウンター、あっさり右を突破、阿部が切り返してパスも人の壁を作ってなんとか防ぐ。
 
51分、川崎、ガンバ守備の前で停滞、レナトミドルもブロックされて東口キャッチ。
 
なんとかパトリックを角田がスライディングで止める。きわどい!
 
53分、ガンバカウンター、川崎のやけくそスライディングを交わして数的有利、ラストパスを宇佐美がトラップ流れて命拾い。
 
55分、ガンバ、ロングボールをしっかり大森がキープ、宇佐美がシュート、新井が一度こぼすもキャッチ。
 
55分、川崎、もうアタッキングサード付近からの森谷やけくそミドルしかできない。
 
57分、川崎、それでも粘り、楔をいれ、なんとかこじあけようと頑張る。ボールをもたせてくれてるだけでも幸い。
 
59分、川崎、中央でレナトが振り向きざまミドル、東口が横っ飛びで弾く。弾きかたが悪ければ大久保が詰めてた。
 
60分、川崎、左で車屋がミドルのフェイントでドリブルで侵入、シュートは弱かった。サポートが少ない。
 
62分、川崎、森谷がパスコースなくてドリブルを選択、ペナ付近まで侵入も、サポートなくてラストパスは合わず。やけくそだけど3本続けてチャンスの芽は出てきた。
 
64分、川崎、大久保が長い距離のスルーパス、エウシーニョが走り込むもピンポイント過ぎたか。
 
もうどうしようもないくらいガンバのペース。今は後ろで守備陣が耐えてカウンターの時間帯。ここで点取れなければ川崎は負ける。
  
64分、ガンバ、ロングボールにパトリック突撃、新井がギリッギリでノーファウルでキャッチ!あっさりやられてもおかしくない。新井、奮闘。
 
66分、川崎、コーナー崩れ、エウシーニョが空いて憲剛スルーパス、シュートも東口弾く、こぼれにはガンバの選手!運もない。
ガンバカウンター、最後は憲剛が倒れながらパトリックを防ぐ。大人と子供。
 
67分、川崎、左へロングボールを車屋キープ、最後は中央後方から走りこんだ憲剛ミドルも東口がっちりキャッチ。

なんとかパトリックのカウンターを防ぐ車屋。今が最後の川崎チャンスの時間帯!
 
ヨレヨレになりながらもついにペナ内まで侵入。あと少しなんだが・・。
 
71分、ガンバ、米倉左から低いアーリークロス、ニアで触らなければパトリックきてた。
 
宇佐美、足がつったらしい。パトリックを当初はリンスと交代予定だった模様。
ガンバ、宇佐美→リンス。
 
76分、川崎、一瞬空いたスペースへスルーパス、杉本が侵入、しかし切り返した先に今野がカバー、コーナーへ。大久保のクイックネスならシュートまでいけたが!
 
76分、川崎連続CK2本目、ファーで井川がどフリーの決定機も外す・・。あああ・・。
 
79分、川崎、森谷が交わしてカウンター、3vs3!しかしラストパスの先は杉本、シュート時点でコース消されてた。大久保の方はケアされてたか!杉本、甘く見られてたぞ!
 
80分、川崎、まずレナトがペナ内に侵入して倒され、車屋クロスも弾かれる、こぼれを拾った谷口がクロス、杉本がヘッドでファーを狙う!ポストに当たって東口にあたり、ゴールへボールが転がった!
ガンバ1-1川崎
事故がおきてくれた!正攻法では点がとれない。レナトの潰れ、こぼれ球で一瞬足が止まったガンバ。
 
ガンバ、阿部→倉田。
 
83分、ガンバ、右からクロス、なんとか角田クリア。
 
川崎、最後の体力をつかってカウンターに走る。
 
85分、川崎、左から車屋が裏をつき、憲剛がクロスも、レナトとぶつかった?あああ。。
 
ガンバ、パトリック→赤嶺。
 
85分、ガンバ、右からシュート、GKキャッチも、赤嶺があと少しで触るところだった・・。
 
ガンバ今野にイエロー。カウンターのレナトを後ろから倒した。妥当。
 
川崎、森谷→山本。
 
88分、川崎、右からクロス、大久保フリーでこの試合初のシュート、逆サイド狙ったがわずかに外れた!左で一人フリーだったが!
 
89分、ガンバ、こぼれを拾って持ち込んでシュート、ひやりとしたが新井はキャッチ。
 
アディ3分。一点取れるのか?勝ち点1で満足すべきか?
 
ガンバ、岩下にイエロー。大久保が完全に突破したのを後ろから飛びついて止めた。なんでレッドじゃないの?ふざけるな!!
実況・解説ともにレッドで妥当の判断。
 
92分、川崎、FK、ファーで杉本ジャンプも触れず。
 
93分、川崎、大久保ミドルも外れた。終盤までしっかり体力温存してた大久保、終盤に全力出し始めた。
 
ラストプレー、ガンバ、遠藤FK、何人か飛び出すも、なんとかクリア。
 
ここで笛。
ガンバ1-1川崎
勝ち点1取れただけで奇跡です。

関連記事

[2015][ACL GL1]G大阪ー広州富力「パトリック、アジアでも競り勝つ。小椋、気持ちは見えた。」
 
ガンバ | とかいなフットボール
 


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 にほんブログ村
 

 - Jリーグ , , ,

TOP