とかいなフットボール

速報試合レポート有り!Jリーグ川崎フロンターレとマスコットを中心にしたサッカーブログ

*

広告

10/18追記)[2015]Jリーグ2ndステージ・チャンピオンシップ・ACL出場権・イエロー累積・賞金等まとめ。リーグ7位じゃ賞金貰えないぞ!

※9/15チャンピオンシップ決定事項を追記
※10/18ナビスコ、天皇杯の賞金について追記

2015明治安田生命J1リーグ 1stステージは、
6/20の第16節に浦和レッズが優勝を決めました
 
7/11から2ndステージ(セカンドステージ)が始まりますが、その前にいろんなルールをおさらいしておきましょう。
 
※あちこちから情報をスクラップしたため、内容に間違いがあるかもしれません。間違いがあれば、ツイッターなどでご指摘願います。
 
広告


 

参考にしたサイト

簡潔にまとめられていてわかりやすいのは以下。
2015Jリーグ開幕特集 J1大会概要 – 速報!サッカーEG
チャンピオンシップのトーナメント図もあり、ここを見ておけばひとまずオッケー。
 
続いて大本営、Jリーグ公式サイト。正式なルールはここで。
About Jリーグ J1:Jリーグ.jp
 
あとはwikiですが、しっかりまとめられていました。
2015年のJ1リーグ – Wikipedia
 
この辺りを中心に、適宜補足記事を引用していきます。
 

セカンドステージ

開始は7/11

2015年のJ1リーグ – Wikipedia

1stステージ:3月7日-6月27日(17節/合計153試合)

6/27でファーストステージ終了。

2ndステージ:7月11日-11月22日(17節/合計153試合)

インターバルは2週間。少ない。
この間に、選手は休息を取り、残り約4ヶ月のセカンドステージに向けた準備をすることになります。。

第2登録移籍ウィンドーは7/10に開く

準備といえば、補強。
先日の田坂の移籍記事によると、
川崎F、ボーフムを退団した田坂の復帰を発表【超ワールドサッカー】

▽なお、背番号35番を着用することが決定した田坂は、Jリーグの第2登録ウィンドーが開く7月10日以降に登録が完了次第、試合出場が可能となる。

セカンドステージの始まる前日、7/10以降に出場可能、とのこと。

この第2登録移籍ウィンドー、期間は、
プレスリリース:Jリーグ.jp

大会エントリーは第1登録期間(ウインドー)である2015年1月2日(金)~3月27日(金)に完了し、第2登録期間(ウインドー)の2015年7月10日(金)~8月7日(金)に限り変更できる。

8/7まで・・なのかな?(この引用元の記事、JリーグU22選抜の記事なので、リーグの移籍ウィンドーの話ではない可能性も?)
 
Jリーグ公式がはっきり書いているのは、
About Jリーグ:Jリーグ.jp

出場資格登録期限
2015年9月18日(金)

出場資格登録期限が9/18ということ。
 
つまり、クラブ所属選手の移籍はウィンドーが閉まる8/7まで。
クラブ未所属のフリー選手の移籍を含めた最終期限は9/18まで、なのかな?
この辺り、Jリーグは情報をしっかりまとめてほしい。。

過密日程 チャンピオンシップ

11月22日にセカンドステージが終わったら。
2015Jリーグ開幕特集 J1大会概要 – 速報!サッカーEG
各ステージの1位チームおよび年間勝ち点2位、3位チーム、年間勝点1位チームの最大5チームで、チャンピオンシップのトーナメントが始まります。

年間勝ち点1位チームと、各ステージの1位チームが重複した場合は、年間勝ち点1位チームはチャンピオンシップ決勝にシードされる。各ステージの1位チームおよび年間勝ち点2位、3位チームが重複する場合は、各ステージ1位チームがシードされる。ただし、チャンピオンシップ出場権を持ったチームが降格対象となった場合は、参加資格を失う

出場チームの重複、出場権の喪失については上記。
降格対象の16位以下なら出場できない。
 
なお、wikiをみると、

チャンピオンシップ出場権を持ったチームがJ2降格対象(年間勝ち点での順位が16位以下、または2016年のJ1ライセンス未取得)となった場合はチャンピオンシップ参加資格を失う。

J1ライセンスも出場条件なんですね。
なお、この記事を書いている時点では、ライセンス剥奪チームは出ていませんが、
Jリーグ鳥栖が2期連続赤字/サッカー/デイリースポーツ online

鳥栖は3億6000万円の当期純損失で2期連続赤字。15年度に黒字転換できなければライセンスが交付されなくなる。

鳥栖は来年・・。
15年度の決算結果が出るのは2016年五月前後のはずなので、下手すればリーグ戦途中で・・という事態もありうる・・。
 
話を戻して、チャンピオンシップの日程。
2015年のJ1リーグ – Wikipedia

1回戦:11月25日

わずか三日後にチャンピオンシップの初戦にして一発勝負が始まってしまいます( ;´Д`)

準決勝:11月28日

その三日後に準決勝の一発勝負。

決勝:12月2日・12月5日
このため、チャンピオンシップ1回戦から戦うクラブは、決勝まで勝ち進んだ場合には最終節からの2週間で5試合を戦うことになる。

最後は一週間で2連戦・・。
総力戦、チームの総合力が問われますね。
 
話はこれだけでは終わらず。
決勝の2ndの五日後には。
クラブW杯の会場&日程発表…関西での初開催が決定!! | ゲキサカ[講談社]

2015年大会は12月10日(木)から20日(日)の日程で、横浜国際総合競技場と大阪長居スタジアムの2開場で開催される。大阪長居スタジアムでは今回が初の開催となる。

日本でクラブW杯が始まります( ;´Д`)
日本開催なので、開催国枠があります。
 
ACLで勝ち残ったガンバ、もしくは開催国枠としてチャンピオンシップ王者が出場する可能性がありますが・・。
こんな短期間で負けられない試合を続けたなら、戦える力(特にメンタル面)がどこまで残っているのだろうか( ;´Д`)
 

年間順位決定方法

About Jリーグ:Jリーグ.jp

【年間順位の決定】
Jリーグチャンピオンシップ決勝の勝者を年間優勝チームとし、敗者を2位とする。

まあこれは当然。
 
ただ、3位以下は、

3位以下については、Jリーグチャンピオンシップ決勝出場チームを除く年間勝点の順位で決定する。

チャンピオンシップに出場しただけでは、上位は確定しない!(1stで優勝、2ndでボロボロだった場合など)
出場するからには、決勝に行かないとダメなんですね(後述の賞金の恩恵はあるけど)。

ただし、年間勝点が同じ場合は、以下の順によって順位を決定する。
リーグ戦全試合の得失点差
リーグ戦全試合の総得点数
当該チーム間の対戦成績(イ:勝点、ロ:得失点差、ハ:総得点数)
反則ポイント
抽選
※抽選は、J2降格チームの決定等、理事会が必要と判断した場合のみ実施される

細かい条件は上記。

9/15追記)チャンピオンシップ概要決定

2015/9/14(月)、公式HPに情報が出た・・でいいのかな。
 
進出条件が複雑だという民意を反映してか?以下のページが作られました。
トーナメント表:明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ特集:Jリーグ.jp
毎節終了後、どのチームが進出できるかを掲載するようですね。これはありがたい。
1st優勝の浦和が年間順位で進出した場合、出場チーム数が変化するので・・どうやら8パターンあるようですね。。
トーナメント表パターン:明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ特集:Jリーグ.jp
もう少し2ndステージが佳境にならないと、進出チームのパターンを出す気にならないな。。
 
チャンピオンシップ目玉?の地上波生放送も決定したようです。
Jリーグチャンピオンシップ、明治安田生命が特別協賛…NHK、TBSでの生中継も決定 | サッカーキング

また、大会のテレビ放送の概要も公表。スカパー!による全試合生放送と、準決勝と決勝についてはNHK総合およびTBSによる地上波生放送が決定したとしている。

NHKとTBS。
TBSなら金田さんが解説ですね。

テレビ放送は1回戦がBS-TBS(2試合開催の場合どちらか1試合、準決勝がNHK総合とBS-TBS、決勝第1戦がTBS、決勝第2戦がNHK総合で生放送。スカパー!はBSもしくはCSにて全試合生放送する。

・・と思ったら、BSとか、どちらか1試合とか書いてある( ;´Д`)

『明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ』は、1回戦が11月25日(19時キックオフ予定)、準決勝が11月28日(14時キックオフ予定)、決勝第1戦が12月2日(19時30分キックオフ予定)、決勝第2戦が12月5日(19時30分キックオフ予定)にそれぞれ開催。

冬に19:30キックオフ!
TVのゴールデンタイムにぶつけましたね!
寒そうだが( ;´Д`)
 
いろいろなものを犠牲にしてこぎつけた地上波生放送。とりあえずお手並み拝見です。

J1・J2入れ替え

About Jリーグ:Jリーグ.jp

J1・J2の入れ替え
明治安田生命J2リーグにおける1位~2位のクラブは、J1に昇格。
明治安田生命J2リーグにおける3位~6位のクラブのうち、J1ライセンスが付与されているクラブは、J1昇格プレーオフに出場。優勝クラブ(1クラブ)がJ1に昇格。
明治安田生命J1リーグにおける16位~18位のクラブは、J2に降格。

2015年の昇格・降格条件は、2014年と変わりませんね。

ただし、明治安田生命J2リーグにおける3位~6位のクラブのうち、J1ライセンスが付与されているクラブがない場合は、J1昇格プレーオフは開催されず、明治安田生命J1リーグにおける16位クラブの降格は無くなり、明治安田生命J2リーグ上位2クラブのみがJ1に昇格。
明治安田生命J2リーグ1位、2位のクラブにJ1ライセンスが付与されていない場合、3位以下の繰り上げはない。

なお、現時点でJ1ライセンスが付与されないと報道されたクラブはJ2讃岐・・。
 
ちなみに、現時点でJ2ライセンスが付与されないと報道されたクラブはJ3鳥取・・。

ACL出場枠は3.5

About Jリーグ:Jリーグ.jp
サラッと書いてありましたが、

(AFCチャンピオンズリーグには、上記年間順位上位3位までの3チームが出場する。)

1位と2位はチャンピオンシップ決勝に行った2チーム。
3チーム目は年間3位
 
あとは天皇杯優勝チームの1チームが2016ACLに出場できるはず・・です(優勝チームとリーグ1〜3位までが重なった場合、リーグ年間4位がACLに行けるはず・・です)。
来季のACL出場枠が決定、日本は3.5枠に変更…リーグ3位はPOへ | サッカーキング

アジアサッカー連盟は(AFC)は29日、AFCチャンピオンズリーグ2015および2016の出場枠を発表した。

日本はこれまで、4チームの本戦出場枠が与えられていたが、本戦出場3チームと、プレーオフ出場1チームの3.5枠に変更となった。

この記事は2014.11.29のものですが、おそらくこれが2016年にも適用されるはず。

これにより、日本ではリーグ戦の上位2チームと、天皇杯の優勝チームに本戦出場枠が与えられ、リーグ3位のチームがプレーオフに回ることとなった。

上記は2015年の話(2015年は柏レイソルがプレーオフに回った)ですが、おそらく2016年もこの通り、3位がプレーオフに回る・・はず。。
 
プレーオフだと、2016年リーグ戦開幕前に試合があり(レイソルは2/17に開催)、他のJリーグクラブより早めにコンディションをあげる不利があるため、できれば年間3位にはなりたくありませんね。

イエロー累積

2014年と違って、リーグ戦は累積3枚で出場停止になったJリーグ。
セカンドステージ、チャンピオンシップの累積の話をまとめます。
 
まずはセカンドステージ。
2015Jリーグ開幕特集 J1大会概要 – 速報!サッカーEG

警告の累積
各ステージにおいて警告累積が3回に達した場合、各ステージの直近の試合が出場停止となる
1stステージと2ndステージはそれぞれ別大会扱いとする。
※J1リーグの警告の累積はナビスコカップには影響しない。

ファーストステージとセカンドステージは別大会
つまり、ファーストステージで3枚目のイエローをもらっても、セカンドステージ最初の試合では出場停止にならない・・はずです。
間違ってたら修正します。
 
チャンピオンシップに関する警告は以下の通り。
「2015 Jリーグ チャンピオンシップ」開催概要 | サカママ

警告の累積
Jリーグチャンピオンシップにおいて警告累積が2回に達した場合、同大会の直近の試合が出場停止となる。
Jリーグチャンピオンシップ準決勝終了後に累積警告が1回の場合、その警告は決勝に持ち越さない。
※明治安田生命J1リーグの警告の累積は、Jリーグチャンピオンシップには影響しない。

セカンドステージ終了後、イエロー累積はリセット。
チャンピオンシップ中は累積2枚で出場停止。
準決勝でリセットされるので、決勝戦の2試合目に出場停止はレッドカードのみ、ですね。
 
広告

賞金

Jリーグ:狭くなった賞金圏内

個人的に「えっ?」と思ったのがこれ。
 
2014.12.23に、この件について記事が出ていました。気付かなかった・・。
【サッカー通信】Jリーグ「経済格差」拡大も 「共存」から「競争」へ、遂に舵切る「配分金」分配方法 – 産経ニュース

成績や入場者をもとにした傾斜配分は、来季の実績をもとに、J1で16年シーズンから導入される予定だ。

上記については、この記事を書いている現在、中堅以下のクラブから不満が出て揉めてる・・とか聞いた気がしますが。
 
下の方に、賞金について書いてあります。

賞金も上位に手厚く

 Jリーグは来季、2ステージ制と上位チームによるチャンピオンシップを導入する。大会方式に合わせて賞金の配分も変更する。

 来季の賞金は年間優勝が1億円、各ステージ優勝が5000万円、年間勝ち点1~位に8000万円、3000万円、2000万円を与える。クラブは最大で2億8000万円を得ることができ、今季までのJ1優勝賞金2億円を上回る。

優勝はともかく、年間勝ち点3位までしか賞金が出ない!!
 
その通り、Jリーグ公式にも
About Jリーグ:Jリーグ.jp

表彰

年間総合優勝:賞金1億円/Jリーグ杯(優勝銀皿)、日本サッカー協会会長杯、メダル、チャンピオンフラッグ
各ステージ優勝:賞金各5千万円
年間勝点1位:賞金8千万円
年間勝点2位:賞金3千万円
年間勝点3位:賞金2千万円
チャンピオンシップ1回戦、準決勝の勝利金として賞金各1.5千万円

優勝、ステージ優勝、年間勝点1〜3位の他、チャンピオンシップ出場チームに賞金が出ると書いています。
こんなことが2ステージ制と同時に変わったとは気付きませんでした。。
 
元の記事に戻ると。

年間7位まで賞金を獲得した今季までとは大きく異なる。上位に食い込まないと賞金は手にできない方式になった。

その通り、2014年までは、wikiによると

順位 賞金
1位 2億円
2位 1億円
3位 8000万円
4位 6000万円
5位 4000万円
6位 2000万円
7位 1000万円

こんな感じで1位〜7位まで出ていました。
川崎のような、タイトルには届かないけど上位には入れるクラブは、毎年わずかでも賞金が貰えて嬉しかったのですが(2014年の川崎は6位で2000万円ゲット)。
2015年からは、ステージ優勝か、年間3位以上に入らないと賞金0円です(2015年の川崎はナビスコ予選敗退だし(´;∀;`))
 
元の記事では、

 分配金の傾斜配分、賞金の変更によって、より強く、人気のあるチームに多くの資金が配分される仕組みになったと考えていい。日本を代表する「ビッククラブ」が生まれやすい土壌になった一方、苦しい経営を強いられるチームが増加する懸念もぬぐえない。

煽り気味に書いてありますが・・確かに2015年から賞金が出る・出ないクラブがはっきり分かれ、特に中位以下のクラブは苦しくなりますね。。
 
ということで。
もう上位にいるだけでは、「強豪」という名誉しか貰えない。
クラブの存続と繁栄のためにも、賞金圏内に死に物狂いで入りましょう!

ナビスコカップ:賞金据え置き

2015年のナビスコ賞金は従来と変わらず。
大会概要 | ヤマザキナビスコカップ | ヤマザキナビスコ

表彰 優勝:賞金1億円、Jリーグカップ(チェアマン杯)、ヤマザキナビスコカップ(スポンサー杯)、メダル
2位:賞金5千万円、楯、メダル
3位:1クラブにつき賞金2千万円、楯

ベスト4進出で初めて賞金がもらえます。
 
川崎は予選で負けたけどな!ははっ。

天皇杯:2015年からベスト8も賞金!

天皇杯の賞金は「チーム強化費」と記載されています。
 
2014年は以下の通り。
大会要項 | 第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 | 日本サッカー協会

チーム強化費
優勝 100,000,000円
準優勝 50,000,000円
第3位 20,000,000円(1チームあたり)

優勝1億、準優勝5000万円、ベスト4は2000万円。
 
2015年は大きな変化が。
大会要項 | 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会|大会・試合|JFA|日本サッカー協会

チーム強化費
【優勝】100,000,000円
【準優勝】50,000,000円
【第3位】20,000,000円 (1チームあたり)
【第5位】10,000,000円(準々決勝敗退チーム1チームあたり)
※準々決勝進出後敗退4チームに対し、強化費を新設

注目はベスト8敗退チームにも賞金1000万円が出ること!
ベスト8に出たチームは賞金確定!
これは嬉しい!是が非でもベスト16は勝ちましょう!
 
広告

関連記事

[2015]Jリーグ変更点まとめ。トラッキングシステムが楽しみ!川崎、J3 U-22選抜に4選手登録!

知らなかった!2015年J1は2ステージ制のためにイエロー累積出場停止枚数が「4」→「3」に!


 
( ・∀・)つ最後にブログ村リンクとSNSボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 にほんブログ村
 

 - Jリーグ, ナビスコカップ, 天皇杯 , ,

TOP