とかいなフットボール

速報試合レポート有り!Jリーグ川崎フロンターレとマスコットを中心にしたサッカーブログ

*

広告

[2014][天皇杯3回戦][試合後]川崎ー愛媛FC「言い訳できない敗戦。完璧愛媛。福森がいればなぁ・・。」

2014/8/20(水)19:00キックオフ、第94回天皇杯 3回戦
川崎フロンターレ 0ー1 愛媛FC 
試合後記事です。
 
※広告


 

公式記録

 ※( ・∀・)つゲーム記録・速報 – 2014/天皇杯 3回戦 vs.愛媛FC : KAWASAKI FRONTALE 

完璧な愛媛

川崎の言い訳は通じない

・スタメン総取っ替えしたから!連携も試合感も無かったから仕方ない!
 →愛媛も総取っ替えしてました。
・真夏の連戦だからコンディションが!
 →川崎は中3日、愛媛は中2日。しかも愛媛はアウェイで移動ありでした。
 ※( ・∀・)つ[2014][天皇杯3回戦][試合前]川崎ー愛媛「中2日と中3日。日程ハンデは愛媛のみ?一平くんと伊予柑太が来るよ!」
・どん引きカウンターは卑怯だー!
 →この前、川崎は浦和相手にそれをやって勝ちましたが。
 
・控え組の「やってやる!」パワーが凄かったからー!
 →はい。川崎の方がパワーが弱かった気がします。
  ゴール決めたエヒメッシ2世、U19代表の表原選手のコメント読むと、やってやるギラギラ感が伝わってきますね。
※( ・∀・)つ【第94回天皇杯 3回戦 川崎F vs 愛媛】試合終了後の各選手コメント | J’s GOALニュース | J’s GOAL
 
・天皇杯はジャイキリあるからー!モチベーションが違うからー!
 →はい。3回戦は、いろんなJ1チームがJ2にやられましたね(´;∀;`)
・等々力が暑かったからー!
 →はい。条件はどちらも同じですね。
・今村主審のジャッジがー!線審がー!
 →はい。レベルがやや低いと感じましたが、条件はどちらも同じですね。
・川崎が主力出していれば勝ててた!
 →かもしれませんね。もう一枚アタッカーが欲しかったですが・・。終わった後で言っても仕方ない。風間監督に上訴してください。絶対に受け入れないでしょうが、頑固なやっひーは。
・カエルのせいだ!
 →関係ない。

愛媛はこれしかない戦い方をやりとげた

愛媛は3バック(5バックになる時間帯多し。)。
序盤は高めにラインを設定し、前からボールにプレッシャーをかけてきて、川崎に主導権を握らせず。
 
時間とともに疲れが出るので、だんだんラインを下げ、中央を分厚く。
川崎パスミスと同時にロングカウンターで3,4人が全速力で前に走る。
そのとき愛媛最終ラインは上がらず。
川崎がボールを取り返し、カウンターを狙う場面では、人数は川崎2人vs愛媛5人くらい。
見事に川崎の攻めを送らせる。
 
愛媛先制後は、ボールを回して時間を使う場面が増える。
川崎は前からボールを取れず、愛媛にポゼッションされる。
しかも回してるだけでなく、縦パスがFWに入り、そこからのポストプレイでチャンスを作る。
 
後半、川崎は大島と小林の二枚替え。
さすがにラインを下げるも、ロングカウンターはやめない。追加点とられてもおかしくなかった。
 
終盤、川崎はパワープレイに出て、さすがに身長差があるためにピンチの連続も、身体を張って守り抜く。
  
格上ポゼッション型チーム相手に、これ以上無い戦い方でした。 

いつもと違った川崎

川崎的には、大部分の相手が取ってくる戦法だったので、落ち着いて粘り強くポゼッションしていけばなんとかなる・・と思っていましたが。
いつもの川崎ではありませんでした。
原因はありすぎるのですが・・。
ジェシのチョンボは置いといて。
あえてしぼるなら、前線とボランチですかね。

攻めきれない前線

 ※( ・∀・)つ[2014][天皇杯3回戦][試合レポ]川崎ー愛媛「またもアピール失敗、川崎ベンチ組。足りないものは全て。」
試合レポートから引用していきます。

前半
・川崎の左サイドからペナ付近に侵入するも、なかなか縦にしかけていかず、ゴール前でボール回し。

サポートがかなり少なく、山越や金久保が数人に囲まれていた印象が強かったです。
3バックに慣れてないのか、後ろからのサポートが無かったですね。右サイドはジェシが起点になっていましたが、左は井川が前半は来なかった。後半は来ていた印象。
 
そして、中央で身体をはるべき森島、どこにいたんだ・・。なんで金久保が身体はってるんだ( ;´Д`)

後半
・35分、川崎、井川がカウンターをインターセプト、左から山越クロス、山本がワントラップでシュートもわずかにそれた!うー!
・38分、川崎、左で三人で連携、山越クロスもコーナーへ。ようやく連携があってきた。
・川崎、山越?突破で後ろからスライディング、ファールもペナ外。
・42分、川崎、左から山越クロス、小林落として大島も枠の上!あーー!

試合終盤、山越がようやく輝きました。
 
山越はドリブルやスピードでなく、周囲の連携で生きるタイプ。
試合終盤にこうなったのは。
相手が引いて前にスペースができた、中央で大島がどっしり構えて配給した、井川が上がってきてくれた、とか。
これが最初からできていれば何も問題なかったんですが。。
 
右の可児くんも、プレッシャー受けるとバックパスを選んでいたのが残念でした。まだ実力不足ですね。

パスミスが目立った中盤

ボランチは山本とパウリーニョ。二人とも純粋なパサーでないのもあるのですが、あそこまでパスミスが多いとは( ;´Д`)
 
受けての前線と連携があってないのもありましたが、前線がバックパスしてきたのを逆サイドへパスするとき、かなり相手に引っかかって、そのままカウンターくらってた印象でした_(:3 」∠ )_
 
パウリーニョが前半で交代したのは、パスミス、やっぱり何かおかしいポジショニングの他、退場を防ぐためでしょう。
前半で一枚貰っていて、後半、あのカウンターくらいまくりの展開なら、無理して後ろから止めて、たぶん退場してたでしょうから・・( ;´Д`)
いい選手なんですが・・、まだまだ前半の緻密なポゼッションが必要とする場面では使えないかなぁ。。

もっとミドルと裏へのパスを!

後半、大島が入った事で、ミドルや裏狙いのパスが増え、相手に怖さを与えました。
前半は一本くらいかな、裏にパスしたの。
 
2回戦では福森がいて、結構裏に放り込んでくれましたが。
今回は3バックで後ろ3人をCBタイプにした影響で、スタメンから外れました。これも痛かったかなぁ。
ああ、福森がいれば、比較的プレッシャーの少ない後ろから、ボールが出せたのかなぁ。。
 
ポゼッション型だと、足下にパスが来るのがわかるから、守備側は狙いやすい。
ケンゴや大島がいると、足下以外に予想外のパスをだせるから、守備側が狙いが絞りにくい。
 
今回のメンバーではダメだったのかなぁ・・。代表で抜けると厳しくなるのかなぁ、今後( ;´Д`)
  
それと。
武岡どうしたんだよ・・。ベンチになぜいないんだ・・。
怪我?練習してた気はしたけど。
このままじゃ、引き抜かれた横浜FCさんに申し訳ない( ;´Д`)

関連記事

 ※( ・∀・)つ[2014][天皇杯3回戦][試合レポ]川崎ー愛媛「またもアピール失敗、川崎ベンチ組。足りないものは全て。」
 
※( ・∀・)つ[2014][天皇杯3回戦][試合前]川崎ー愛媛「中2日と中3日。日程ハンデは愛媛のみ?一平くんと伊予柑太が来るよ!」


※広告


 
( ・∀・)つ最後にSNSボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 

 - 天皇杯 , , ,

TOP