とかいなフットボール

速報試合レポート有り!Jリーグ川崎フロンターレとマスコットを中心にしたサッカーブログ

*

広告

[2014][ナビ準々決勝1st][試合前]C大阪ー川崎「川崎もセレッソも調子悪し。セレッソは誰が試合に出場できる?」

2014/9/3(水)19:00キックオフ、
2014 Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 準々決勝 1st
セレッソ大阪 ー 川崎フロンターレ 戦 の試合前記事です。

今回はTV観戦予定です。

※広告


 

スタメン・速報・試合記録

http://www.frontale.co.jp/goto_game/2014/yamazaki_nabisco/01.html

ゲーム記録・速報 – 2014/ヤマザキナビスコ 準々決勝 第1戦 vs.セレッソ大阪 : KAWASAKI FRONTALE

川崎:名古屋戦振り返り

まずは3日前、2014/8/30(土)に行われたリーグ名古屋戦の振り返りから。

//tokainafb.net/archives/582

[2014][J1第22節][試合レポ]名古屋ー川崎「金城鉄壁、名古屋のゴール前。だが後半頭のプレスは正解?」

前半
・1分、川崎、レナトFKからニアで谷口すらして決まる!先制!
・28分、名古屋、永井がこぼれ球に反応、川崎はオフサイドと思って足を止めるもない!折り返しを川又決めて同点_(┐「ε:)_

いきなり谷口がヘッドで先制(すらしてじゃなかった)。
久々先に点を取るも、その後セルフジャッジで痛恨の失点。

後半
・川崎、井川→田中。井川は前半の怪我の影響?4バックにした。

怪我ではなく、新戦術3バックがうまくいかなかったからとか。
その後、小林やレナトが外しまくり、川又と永井のカウンターにヒヤヒヤしながらも、痛恨のドロー。

川崎:調子下降気味

セレッソと5-4でバカ試合して以降。川崎の調子が落ちてますね。
 
理由の一つは、新戦術の3バックがイマイチなこと。
特に守備時、最終ラインに人数が余ってるのに、ズルズル下がってしまうので、ボールホルダーにチェックできず、裏へのパスやドリブルをされ放題。
左右のWBも守備時に戻りすぎてて、攻撃参加が遅れてるような。
 
名古屋戦、後半から慣れた4バックにした事が、攻勢に出れた一要因でした。
セレッソ戦、やっぱり3バックを使う気もしますが、まぁ、井川を田中と交代させたように、相手や戦況によって使い分けることができればいいですね。

セレッソ:更に厳しい状態

そんな川崎より深刻なのがセレッソ。

//tokainafb.net/archives/429

[2014][J1第20節][試合レポ]川崎ーC大阪 「真夏の夜のバカ試合。非常に危険な兆候、攻高守低。」

総評
・セレッソの守備が完全崩壊している。組織でなく個人で守っている。

前回のバカ試合で、セレッソがかなりヤバい雰囲気を出していましたが。
その予感が的中。

http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20140901-OHT1T50039.html

【C大阪】大熊新監督で一本化!ペッツァイオリ監督解任 : サッカー : スポーツ報知

ペッツァイオリ監督の解任?情報が出たり(ブログを書いている時点で確定報道なし)。

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00178129.html

【ヤマザキナビスコカップ C大阪 vs 川崎F】プレビュー:ACLでホーム&アウェイ『第1戦』の大事さを痛感したC大阪と川崎Fが、ヤマザキナビスコカップ準々決勝で激突!総力戦のC大阪、光明を見いだせるか。 | J’s GOALニュース | J’s GOAL

現在のC大阪は、リーグ戦で11試合勝ちなしと低迷。マルコ ペッツァイオリ監督体制下でも、9戦勝ちなしと、もがき苦しむ。

勝利から見放されており、現在リーグ16位。

さらには、このヤマザキナビスコカップに臨むにあたって、代表戦のために、MF扇原貴宏(日本代表)とGKキム ジンヒョン(韓国代表)がチームを離脱。

川崎から代表選出は0。
しかしセレッソは扇原とキムジンヒョンが代表に選出。
なんだか申し訳ない(´・ω・`)

山口蛍(右膝外側半月板損傷)、藤本康太(左肩関節脱臼)が負傷欠場を余儀なくされているだけでなく、J1第22節神戸戦で右足首を痛めた安藤淳や、体調不良で全体練習を2日間回避中の染谷悠太の試合出場も厳しい状況で、桜色の戦士たちは限られた戦力のなかでの総力戦を強いられる。

山口、藤本は不出場確定。
安藤と染谷は未定。
 
全体的に主力級が抜ける中、特に守備陣がキツそうですね。。

セレッソ:誰が試合に出そう?

2014/9/3(水)エルゴラッソや、他の情報がないため、J’sGOALから引用します。

武田博行、丹野研太、ク ソンユンのコーチングが高らかに響き渡り、新井場徹の叱咤激励する指示だけでなく、フォルランカカウも率先してチームメイトに声をかけていた。
秋山大地、岡田武瑠、小谷祐喜といったこれまで出番に恵まれていなかった選手たちも、激しいプレスや鋭い動きだしで存在をアピール。
酒本憲幸、山下達也といったクラブ叩き上げの選手がチームを盛り立て、長谷川アーリアジャスール、楠神順平、吉野峻光といった中盤の鍵を握る選手たちの動きも熱を帯びる。
南野拓実、杉本健勇、丸橋祐介、永井龍の育成生え抜き選手たちも元気、かつ、遮二無二走り回り、平野甲斐キム ソンジュンといった今夏加入組もフォア・ザ・チームの精神でプレーし続ける。

試合に出れそうな選手の名前が挙がってるのかなこれ。
長谷川アーリアジャスールは3日前の試合で負傷交代したものの、出れそうな雰囲気。
 
特に前線はタレントがいますね。
ただ、柿谷と入れ替わりに入ったカカウは、まだフル出場できるコンディションではないと聞いたような。

大卒ルーキーで、この一戦での出番も予想される小谷は言う。

小谷はU-15歴ありの180cmのDF。
こういう選手に川崎はよくやられる気が( ;´Д`)

川崎:アウェイゴールを取れ!

書くまでもありませんが。
1stは川崎アウェイ。
ナビスコカップ決勝トーナメントは、アウェイゴールが適用されます(2試合合計スコアで並んだ場合、アウェイでゴールした数が多い方が勝ち抜け)。
ゴールを1点でも多く取り、2ndを楽にしたいですね。

過去のセレッソ戦記事

//tokainafb.net/archives/tag/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD

セレッソ | とかいなフットボール


※広告


( ・∀・)つ最後にブログ村リンクとSNSボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
 
 

 - ナビスコカップ , , ,

TOP