とかいなフットボール

速報試合レポート有り!Jリーグ川崎フロンターレとマスコットを中心にしたサッカーブログ

*

広告

[2016][ナビ予選 第5節][試合レポ(簡易)]鳥栖ー川崎「実質川崎のナビスコ終戦。ラストパスまでは到達していた」

2016/5/18(水)19:00キックオフ、
2016ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ グループB 第5節 サガン鳥栖 1 ー 1 川崎フロンターレ 戦
後半から観戦した、簡単な試合レポートです。
 
※文中の右、左は、川崎側から見た方向です。
※1:00〜1:59の出来事は、切り上げて2分と記載します。ご了承ください。
広告

公式記録

ゲーム記録・速報 – 2016/ヤマザキナビスコ 第5節 vs.サガン鳥栖 : KAWASAKI FRONTALE
得点 選手/時間

16分 川崎 オウンゴール
72分 鳥栖 富山 貴光

試合前

川崎予選残り2試合で、グループBの勝ち点は仙台8、柏7、福岡4、川崎4、マリノス4、新潟3、鳥栖1。
川崎は残り2試合勝利でも勝ち点10で、負ければ即終了、他力本願で突破を目指す厳しい状況。
そんな状況に加えて中二日でアウェイ新潟、トゥーロン国際大会でMF大島MF原川が欠場、けが人多数、今年のナビは一貫してサブ組主体と、難しい試合が予想されたアウェイ鳥栖戦。
 


今までのナビと同じく1トップにMF三好GK新井のメンバー。
MF憲剛FW大久保の大御所は帯同せず。
ベンチにGK安藤DF板倉が入ってワクワク。


元川崎の谷口はリーグ戦に備えてかベンチ外。
代わりに万博で「後半途中交代出場なのにハットトリック」「川崎の神」楠神が今季初スタメン。

総評&ハイライト動画

チャンスは作ったものの、後半追いつかれドロー。
第5節終了後の勝ち点は仙台8、福岡8、柏7、川崎5で、川崎は残り1試合の為、実質2016年川崎のナビスコカップは終了しました。


前半は鳥栖0-1川崎。
川崎がオウンゴールでの先制シーン、三好が混戦から最終ラインを左から突破してクロスが相手に当たって入ったもの。
ここだけ見ると良かったように見えたが、ツイッターによると前半は・・だったのかな?
 
後半からスカパー視聴開始。
後半序盤はオープンな打ち合い。
川崎は三好が、鳥栖はドリブラー楠神がチャンスを作る。三好は相変わらず攻撃的な姿勢はウェルカムだけどボールを持ちすぎる・・。
 
72分、鳥栖、右からクロス、ゴール前に二人いたが左後方から飛び込んできた富山が競り勝ってゆりかご同点弾_(┐「ε:)_
75分にも鳥栖にゴール前で決定的シーンを作られると、川崎はたまらずFW小林悠を投入。温存できず。
 
小林悠投入後に流れは川崎へ。
80分に小林悠、82分に三好がゴール前に迫るも、シュートは枠に行かず。
中野が1vs1仕掛けるも、正面の相手に体当たりでボールロスト・・まだ不調が続く。
  
結局鳥栖1-1川崎で終了。
 
決して川崎にチャンスが皆無だった訳でも、やる気がなかった訳ではない。選手はピッチ上でデュエルしており、2015年よりも特に守備力は確実に上がっていた。
 
三好は確実にチャンスを量産していたし、小林悠投入後は田坂とのホットラインで良いラストパスがいくつか入ったのに、シュートが打てなかったり、枠に飛ばなかったり。
あとほんの少し、ゴール前での冷静さや正確さが足りなかった。
 
足りないのはこれ以上の技術力向上なのか、勢いなのか、ラッキーボーイなのか?
まだまだ憲剛・大久保ら大御所は安泰であることを確認できてしまった試合でした(´・ω・`)
 
広告


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 にほんブログ村
 

 - ナビスコカップ , , ,

TOP